Cazperのつれづれ日記: 2:8の法則(パレートの法則)とニートの関係

« 弱者はまず弱者である事を認めること | メイン | 「生活を潤わせ楽しくする、便利になる」を重視する »

2006年10月30日

panda01.gif 2:8の法則(パレートの法則)とニートの関係

今日の日経のWEBでニートが世界で2000万人居るというニュースが流れていました。

世界の「ニート」、2000万人・ILO推計

 「『ニート』と呼ばれる若者は世界で少なくとも2000万人」――国際労働機関(ILO)は29日、世界の若者の雇用情勢に関する報告書を発表、職探しをあきらめ、学校にも通っていない若年層の増加が各国共通の現象とする推計を明らかにした。ILOはこうした若者らが「労働市場に溶け込めず、社会に役に立たない存在になりかねない」と強い懸念を示している。

 ニートはNot in Education, Employment or Trainingの略称。欧米先進24カ国では若年層(15―24歳)の約13%を占め、雇用されず求職もしていない「非労働力人口」の若者に占める割合は2.6%という。途上国ではその割合が高いことを踏まえ、世界全体では若者の非労働力人口の4%、約2000万人と試算した。 (2006/10/30 NIKKEI)

日本のニートは64万人とも言われています。世界からみれば日本マシじゃんって感じますね(笑

世の中では「ニート=悪」という風潮になっていますが、これを無くそうとしても無くならないとも思います。ニートが存在するのはある種必然的な事なのではないでしょうか?

蟻さんの大群においても2割しか働いていないといわれるように、世の中にはパレートの法則が存在しています。会社の中だって、利益に貢献している人材は全体の2割と言われています。

こう考えれば、世界人口(65億人)で見れば2000万人位のニートが存在しても不思議ではないでしょう。(パレートの法則を適用すればニートでは無くても世界の豊かさに貢献していない人は52億人は居るのですから…)

投稿者 cazper : 2006年10月30日 07:29 | b_entry.gif
     

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.cazoo.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/1212

コメント