Cazperのつれづれ日記: 理念に合わないならば手を出さない

« もう一つの2007年問題【中小企業編】 | メイン | 勘を身につける事が大事 »

2007年1月24日

panda01.gif 理念に合わないならば手を出さない

「自分が所属する組織の理念は何ですか?」

と質問した時に答えられる人って何人くらい居るのでしょうか? 京セラやGEのように理念の共有が大切であると認識している企業では、組織の上位に居る人から下位に居る人まで理念の共有が比較的されていることでしょう。しかし、一般的には組織が大きくなればなるほど理念の共有が出来ていないような気がします。

というのも、組織が大きくなるほど創業者からの距離が遠ざかるばかりではなく、他社の洗礼を受けてきた中途採用の人が増えるからです。本来ならば、組織が大きくなればなるほど理念の共有に時間とお金を掛けるべきなのですが、実際には逆の方が多かったりします。

たかが理念と思う人も居るのですが、されど理念だったりします。

例えば理念の中で例えば「オンリーワン技術」や「ナンバーワン技術」の創出を謳っているとします。それならば、誰もやっていない技術の創出に人と時間を割き、誰でもが出来る事は外注しなければなりません。しかし、理念が何かを知らない人が事業に携わると、誰かが成功した技術を真似するだけだったり、部材の組立て等の低付加価値作業を行う部隊をどんどん補強していったりします。

こうなると、資本の投下にしたって分散してしまい、組織が一定の方向に動いていく事が出来なくなってしまいます。理念があるからこそ方向性を持った事業運営が出来るのです。

理念に合わない事業(営業・研究・開発)には手を出すべきではないし、理念を軽んじていたり覚えてもいない人を運営側に携わらせてはいけないのです。

投稿者 cazper : 2007年1月24日 01:35 | b_entry.gif
     

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.cazoo.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/1317

コメント