Cazperのつれづれ日記: 中国株で特定口座が使える証券会社と使えない証券会社

« ネット時代の著作物のあるべき姿は? | メイン | 中国企業は何故コングロマリットが多いのか? »

2007年2月 9日

panda01.gif 中国株で特定口座が使える証券会社と使えない証券会社

確定申告の時期が到来しているわけですが、外国株式を売買している人は注意が必要です。ここ最近では中国株式に日本の証券会社を通して売買している人は多いのではないでしょうか?

中国株式売買だけに限りませんが、日本の証券会社を利用して外国株式を売買している人は自分が利用している証券会社が特定口座をサポートしているかどうかを確認しましょう。(特に株式売却益が出ている人は気を付けましょう)

●特定口座あり:内藤証券、東洋証券、アイザワ証券、日興コーディアル証券、大和証券

●特定口座なし:ユナイテッドワールド証券、オリックス証券、楽天証券、かざか証券(元Livedoor証券)、松井証券、イートレード証券、マネックス証券

(参考:なげやり的中国株対決)

当然ながら、海外の証券会社を利用して売買している際も確定申告が必要です。

P.S.
ちなみに、私は特定口座なしの証券会社を主に利用しているのですが全く売っていないので今年は確定申告はしません。今年唯一売ったのは特定口座ありの証券会社で購入した「0629 悦達控股(ユエダ・ホールディングス)」でした。

投稿者 cazper : 2007年2月 9日 01:43 | b_entry.gif
     

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.cazoo.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/1468

コメント