Cazperのつれづれ日記: 【ベトナム株式】現在のベトナム市場の過熱感はタイの2倍?

« 対等なパートナーといえども平等にはならない | メイン | ついにHIQ(ハイハイQさん)にGoogle Adsenseが付いた »

2007年3月 7日

panda01.gif 【ベトナム株式】現在のベトナム市場の過熱感はタイの2倍?

昨日のガイアの夜明けでは「成長を買う! ~沸騰する新興国投資ブーム~」が放映されていました。

その中で「テンプルトン・アセットマネージメント」代表のマーク・モビアス氏(70歳)が「ベトナム株を私は持っていない。高すぎる」と言っていましたが、全くその通りだと思います。

私の感覚で言えば、ベトナム株式市場の過熱感はタイの過熱感の2倍です。逆に言えば、ベトナム市場の株価が今の半分になれば詳しく割安株を探し始めるべきだと思います。(もしくは、今の株価のままで企業規模が2倍になったとき・・・)

とはいえ、このゴールデンウィークを利用して日程の都合が合えばBSC証券で口座を開こうと考えているので、今↓の本を読んでいたりします。
ベトナム株

さて、何故割高感があるのかと言いますと、まず、主要企業のPBR(株価純資産倍率)が軒並み7倍~8倍つけているからです。もちろん、PBRが7倍~8倍ついていても、ROEが軒並み20%を超えているので割安だと主張する人も居るかもしれません。

しかし、20%のROEで4年半位でBPSが2倍になるくらいですから、それでもPBRは3.5倍~4倍なわけです。ということは、5年後に万が一ROEが10%に落ちるとその時点で割高感が露呈してしまうわけです。それよりは、安全性を考えて5年以内に株式市場が冷え込む事を祈って待った方が得策です。安全圏で購入した株式は、企業体が良ければ株価に振り回されずに安心して持っていられますから。

PERで見てみると、軒並み25倍以上となっています。成長企業のPERが25倍というのは必ずしも高くは無いのですが、PERというのは収益が基準となります。当然ながら、収益が少なくなればPERは高くなるし、収益が高くなればPERは小さくなります。毎年の収益が安定している業種であればPERで企業を見てもある程度は良いのですが、今後の業績がどうなるのかわからない企業の割安度をPERで判断するのは若干信頼性に欠けます。


市場が若干過熱気味なのですが、今後も企業は成長していくとは思うので「企業価値>株価」となるチャンスを気長に待ちましょ~


P.S.
余談になりますが、以前「ネットワンシステムズ(7518)は買いか?」という記事の中で「株価が10万円台をつけた段階から注目するのが良いのかなぁ」と書きましたが、今じゃ14万円台。
現段階で私がネットワンシステムズ社の株価が割安かどうかを判断すると、正直割安とは言えないですね。売り上げキャッシュフローに貢献すべき売上げの減少は痛いでしょう。たぶん、受注単価(仕事の単位時間当り)が安くなり、人件費という固定費は変わりにくいので、今まで高利益率だったものがどんどん利益率が下がってしまうという感じではないでしょうか? 売上債権の減少によって、手元のキャッシュが溜まっているのでこれを利用して次の利益率の高い事業に手を出せるかどうかが今後の鍵でしょうね。

投稿者 cazper : 2007年3月 7日 12:25 | b_entry.gif
     

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.cazoo.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/1613

コメント