Cazperのつれづれ日記: 良いレストランに行き、良いホテルに泊まる

« 安易に多数決に頼るのは残酷な行為である | メイン | 円キャリートレードの果て… »

2007年6月10日

panda01.gif 良いレストランに行き、良いホテルに泊まる

結構他人に言われてから気にするようになった事にレストランとホテルがあります。

例えばレストラン。普段会うような人と大衆居酒屋で5000円使うくらいなら、そのお誘いは断り、新たなる発見がある方と高級店の5000円のランチを食べに行くようにしています。

ホテルも例え安い海外旅行をしていて泊まる余力がない場合にでも、5つ星ホテル内のレストランやサービスを利用しようとしています。(今後は無理してでも積極的に泊まっていきたいですね。)


お金を使う事で何を得られるのかに気をつけていきたいものです。物より思い出ですね。

お金持ちにはなぜ、お金が集まるのか
あえて背伸びをして高級レストランに行く価値とは
 レストランで食事をする場合は、大衆的な店の一番高い料理よりも、最高級店の安い料理を頼むようようにするといいと思います。

(中略)
 コストパフォーマンスで比較すれば、高級店で「並」を頼んだほうがいいということがいえると思います。

 さらに、私が高級レストランをお勧めする理由は、料理のコストパフォーマンスだけではありません。料理というのは、味だけではなく、食器や椅子、テーブル、サービス、店の雰囲気、客層など、トータルで楽しむものです。これらのものを比較した場合、大衆店と高級店ではあきらかに違います。どちらの方が精神的な豊かさが味わえるかということを考えれば、おのずと答は明らかでしょう。

4つ星ホテルの最高の部屋よりも、5つ星ホテルの普通の部屋を
 ホテルを選ぶ時も、先ほどのレストランを選ぶ時と同じ理由で、どうせなら4つ星ホテルの最高の部屋よりも、5つ星ホテルの普通の部屋を選ぶほうがいいと思います。(pp.107-109)

投稿者 cazper : 2007年6月10日 19:11 | b_entry.gif
     

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.cazoo.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/1772

コメント