Cazperのつれづれ日記: 工業製品の需給ギャップは未だに開きがある

« 香港にしろ中国本土の都市部にしろ不動産バブルだと思う | メイン | 華南では労働者が不足している »

2010年1月18日

panda01.gif 工業製品の需給ギャップは未だに開きがある

工業製品に対する世界の需要力よりも、まだまだ供給力の方が大きいと感じるこの頃です。供給力が大きい中でも企業は生き残らなければならないので、今でも起こっていて、今後も加速していくのが低コスト国への生産シフトです。(一時期は、海外の工場の閉鎖が起きてましたけども・・・)

こんな中でとばっちりを受けるのが、先進国における輸出向けの工場労働者となります。確かに、直近では需要が回復傾向にあるので、工場も忙しくなってきておりますが、これは金融危機時に大量のリストラを実施したために、需要の回復局面で忙しくなっているに過ぎず、危機前の水準には遠かったりします。需要不足の中で企業が利益を求めるには、結局、先進国の工場を開発途上国等に移さざる得ず、先進国の工場労働者は職を失うことが多くなります。

金融危機前の世界の需要のピークに対して工場設備が開発途上国を中心として用意されてきたわけですから、需給のギャップは当面埋まらないでしょうし、需要不足の中で企業が利益を出す方法は低コスト化か、政策等によって新たなる需要を生み出す以外ないでしょう。一方で・・・万が一需要が回復すると、今度は資源価格が再度高騰していくという罠なんですよね。

うーん・・・

投稿者 cazper : 2010年1月18日 01:44 | b_entry.gif
     

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.cazoo.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/2666

コメント