Cazperのつれづれ日記: タージマハルへ(アグラ)

« ニューデリー市内観光(インド門・ロータステンプル・ラクシュミーナーラーヤン寺院) | メイン | アーグラ城塞、メフタブ・バックそしてItmad-ud-Daula »

2014年4月 6日

panda01.gif タージマハルへ(アグラ)

[晴@デリー・Saket,Agra]

タージマハルはちょっと離れたアグラという街にあるので、今日は早めの食事を食べました。

その後、チャータした車がホテル前まで来て、一路タージマハルのあるアグラへ。アグラへ行くには高速道路に乗って行かないといけないのですが、ドライバーによると高速料金の一部はここで支払わないといけないということで、ある店の前で停車。この際「代わりに今払う」と言われました。(その後分かるのですが、ドライバーは高速料金をアグラに行った後に請求してきました。しかし、チャーターした際に高速料金も何も払わなくて良いと言われたので、旅行代理店に即抗議し、その場でドライバーに返金してもらいました。)

ドライバーが停車した場所の目の前はゴミが散乱していて汚すぎ。

さらに、そのゴミの中から餌があるかどうかを探しに犬が来ておりました。

高速道路沿いは時々開発区がありました。

その中でも、Jaypee Greensが目立っておりました。大規模にマンション郡を建てている企業のようです。

さらに高速沿いで見てたのが、「Buddh International Circuit」というF1も行われるサーキット。

アグラに近づいてくると、開発区というよりは広大な農場がありました。おそらく小麦畑。

アグラの市内に入り始めると、車が転がってたり

牛が川で水浴びしていたり

牛が街中であるいていたり

と至って、テレビで我々が見るようなインドの姿を見ることができました。

タージマハル近くのロータリー近くで車を降ろされ、そこからは歩きます。

歩くのが嫌な人は、ラクダの車で移動することも出来ますが・・・正直遅いです。

タージマハルは何箇所からか入り口がありますが、今回利用したのは西口です。

チケット販売窓口は、これまた外国人用とインド人用で違っていて、値段帯も大きく違います。中国でさえ、外国人との差別は減ってきているぐらいなので、こういうのが常に見えてしまうということは、インドはまだまだ中国よりも後れを取っている国であるということが出来ると思います。

どんだけ値段帯が違うのかというと以下の様な感じ。インド人は一人あたり20ルピー(日本円40円)

外国人はというと・・・750ルピー(1500円)。実に30倍以上の差別。

15歳以下は無料のようです。

必要かどうかは別として、オーディオガイドが無料でついてきます。(入場料に含まれているというのが正確な言い方)

タージマハル入場に際し、セキュリティーチェックがあるのですが、その列は4列に分かれています。

高いチケット買った人つまり外国人(女性・男性)、安いチケット買った人つまりインド人(女性・男性)。

セキュリティチェックが終わり、敷地の中に入るとまず見えてくるのはタージマハルへ入るためのゲート。といっても、建物です。

その建物にはいると、奥に見えてくるのが、良く写真でも見るタージマハルの建物です。

これは興奮ものでした。

これこそ世界遺産ですよ。ちなみに、タージマハルは宮殿ではなく、大きな墓だとのことです。

どんな角度でとっても絵になります。

そして、タージ・マハルの中に入ります。

タージマハルは流石に墓だけあって、建物の内部は撮影できません。

そして、中から出てきたら子供が川を向いてたそがれておりました。

メインの建物の横にも建物は有り、面白い模様が楽しめます。

庭園の中には花が咲いておりました。

ちなみに、インドは外のトイレは結構有料が多いです。しかし、タージマハルは外人は無料と謳っております。中国も昔は有料トイレが多かったですが、今は有料トイレは減ってきてますね。

入ってきた口から出まして、車が待っているところまで歩きました。ここから本来は南に歩かなければならなかったのですが、西側に歩いてしまい、相当歩いてつかれました。

このラクダのチャリオット(戦闘用じゃないけども)よりも馬の方が速いです。

投稿者 cazper : 2014年4月 6日 10:51 | b_entry.gif
     

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.cazoo.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/3470

コメント