Cazperのつれづれ日記: 【java】NetBeansでjlapackを使えるようにする

« 金融安定化法案否決へ | メイン | これは面白い【永遠の旅行者】 »

2008年10月 1日

panda01.gif 【java】NetBeansでjlapackを使えるようにする

LAPACKと言えば、Fortran 77 で書かれた数値計算用のライブラリであり、高速で代数計算が出来るという特長があります

高速計算させたいのにJavaか?という感じもしなくはないですが、Javaだからこそ出来るだけ高速に数値計算をさせたいわけでして...LabackのJava版であるjlapackをNetBeansで利用する方法を書いておきます。


①ダウンロード
netlibのホームページに飛んで適切なファイルをダウンロードします。(例えば、jlapack-0.8.zipです。)


②インストール
ダウンロードしたファイルを解凍し、ライブラリとして保存しておきたいディレクトリに置きます。

(例)
C:\JavaProgram\jlapackに「blas.jar」「blas_simple.jar」「f2jutil.jar」「lapack.jar」「lapack_simple_jar」「xerbla.jar」ファイルをコピー


③CLASSPATHの設定
NetBeansを立ち上げて、メニューからツール(T)>ライブラリ(L)を選択します。
jlapack01
新規ライブラリボタンをクリックして、「ライブラリ名」を自分で分かりやすい名前を設定して(例:jlapack )、「ライブラリの種類」はデフォルトのままの"クラスライブラリ"を選択して、了解ボタンを押します。

今作成した、ライブラリを選択し、ライブラリのクラスパスを設定します。
(例) C:\JavaProgram\jlapack\blas.jar
他にもコピーしたファイルを指定してください。
jlapack02


④開発中のプロジェクトにライブラリとして加える
開発中のプロジェクトウィンドウ内に「ライブラリ」というノードがあるので、そこを右クリックします。ポップアップ画面からライブラリの追加を選択し、jlapackライブラリを追加します。
jlapack03

jlapack04

あとは、コードを書くのみです。


その他参考:
Java Advanced ImagingをインストールしてNetBeans(6.1)で使う
JFreeChartをインストールしてNetBeans(6.1)で使う

投稿者 cazper : 2008年10月 1日 21:15 | b_entry.gif
     

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.cazoo.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/2297

コメント