Cazperのつれづれ日記: 予想通りの展開だ

« 時間価値と金銭価値 | メイン | SMIPS(ベンチャーオペレーションセミナー):株式会社ニーモニックセキュリティー »

2007年2月17日

panda01.gif 予想通りの展開だ

色々と予想通りの展開が来ている。


NOVAの英会話学校問題
これは、ブログに上げたことはないが周りの人には話していたことだ。財務面からいうと株主資本比率が低い。その上授業料が安い=教員の給料も安い。教員の質への懸念もあるし、英会話学校に行く人も気軽さで入るので辞める人も多いはずである。それをカバーするためにCMを多く打っている。この値段でサービスが出来ているのもCMによる知名度効果なので、ブランドイメージが大きく毀損すると…(ry。


●M&Aの話
今日の日経新聞で「大丸と松坂屋、統合」が報じられていた。数日前に書いた内容そのまんまである。中堅が二つくっついて業界で上位に食い込む模様。


●プライバシー問題
ZAKZAKで「NHKディレクター、エロ日記流出…アナのメルアドも 」なるニュース。既に2chではNHKディレクターと付き合っていた5名の女性の名前が書かれ、数人の顔写真が特定されている。また、教員は働く職場も特定されている。

別にプライベートな事が流出しただけの事だが、プライベートな事が社会生活に与える影響は常に考えていた方が良い。そうじゃないならば、どこぞの芸能人のようにプライベートな事が晒された時にネタに出来るような状況にすること。その一つが「オープンプライバシー」(笑


●ガス
中国の今まで出遅れていたガス銘柄がようやく浮上する兆しが見えている。これには大きくポジションをとっているので見守りたいところ。


●インターネット時代のテレビ
ネット時代のテレビが動き始めている。ギャオはテレビでネット放送が見える機器を発売。2006年初頭に「ネットとテレビの融合化が見える年」と予想した通りの展開になりそう。

はてなはYouTubeを利用した「rimo.tv」を展開する模様だ。これは単にYouTubeの映像をジャンル毎に自動で繋げているようだが、今後は"手動"で放送内容を選別した方が良いという事を認知するだろう。

こうしたネットテレビの流れは発展していくばかりなのに対し、テレビ会社は著作権問題ばかりで従来のビジネスモデルから脱却したくないようだ。しかし、こうしたネットへの流れに勝ちたければ寧ろ「共同でネット配信会社を作るべき」なのだ。早く気付いた方が良い。

ちなみに、Rimo.tvはYouTubeにどのような利を提供できるのかを考えておかないと、永続的なwin-winは続かないだろう。


●研究開発型なのに…
予想ではないが、世の中の企業を見渡すとおかしな将来的に続かないと思う企業も少なくない。例えば上場企業の某社の研究所は都内一等地にあるという。資金的余裕があるからといっても研究部門はコスト部門である。少なくとも都内郊外等の土地の安い場所に研究所を構えるべきである。こうしたオペレーションをする企業は余裕資金が無くなったとたんに変なファイナンスをするし、投資家からの資金を大切に思ってもいない。このような企業に投資をしてはいけない。
(企業名は伏せているが、将来的に経営的問題が現れてきたら企業名を明かすかもももも)


もうちょっと書きたいけど、今日はSMIPS VOS分科会と友人の結婚式2次会に呼ばれているのでこの辺で終わり。

P.S.
モダン・シンタックス」様、当ブログの紹介ありがとうございました。

投稿者 cazper : 2007年2月17日 11:39 | b_entry.gif
     

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.cazoo.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/1574

コメント